水素健康法認定資格

水素健康資格認定

水素は一見、医療とは無縁の様に思われますが、実際、患者さんが服用しますと疾病の改善が診られ、その疾病範囲もあらゆるところに作用し、効果も大いに満足するものでした。また、副作用もほとんど現れません。
多くの疾病の原因とされます酸化ストレス、いわゆる活性酸素説は、各臨床及び基礎研究で明らかになってきました。水素は、酸化還元作用としては還元(抗酸化)として働きます。水素の還元力で体内に起こる酸化ストレスを抑制することは、まさに理想的な抗酸化剤といえます。すなわち、分子量から見た水素は、他の抗酸化性剤と比べ分子量がはるかに小さく、体の隅々まで到達して抗酸化を発揮すると考えられます。
以上の観点から水素は、医学を取り巻く環境の中で非常に魅力を持っている素材と考えます。
(一般社団法人水素と医療研究会HP「代表理事挨拶」より抜粋)

【総監修】
一般社団法人 水素健康推進協会
理事 森 吉臣

医療法人社団 健若会 総院長
赤坂AAクリニック 院長
一般社団法人 水素と医療研究会 代表理事
獨協医科大学 名誉教授

一般社団法人 水素健康推進協会では、「水素」を摂ることによる健康増進、さらに生活習慣病とされる糖尿病、高血圧、ガンなどの慢性疾患をはじめ、体内で過剰に発生する活性酸素により誘発される特定疾患、認知症、パーキンソン病、リウマチなどの膠原病に対して、「水素」が極めて有用な働きをすることを学んでいただき、自らが率先して「水素」による健康革命を推進していただく「水素健康認定資格制度」を創設しました。水素健康認定資格は時代が求める信頼のライセンスです。

一般社団法人 水素健康推進協会
会長 若山 利文

「水素健康資格認定者」とは……

水素パワーで健康革命を自分とともに。家族・友人の皆も健康に

「水素健康資格認定者」は、水素を徹底的に活用し、“自分の健康は自分がつくる”“家族や友人の皆も健康にする”ことを実践するために、水素に関する専門的な知識と水素関連製品の特徴や効用を理解し、一般消費者からの相談にも対応できる水素健康分野のスペシャリストです。
資格の認定は、所定の研修を修了し試験に合格後、当協会に資格認定会員として登録することにより取得できます。

水素健康資格認定

水素健康認定資格 教育カリキュラム

水素と生命水素の働き水素の効用水素製品と摂取方法
1) 銀河宇宙と水素1) 水素の抗酸化力1) 生活習慣病1) 摂取量と健康の相関関係
2) 水素と医療2) 血液と水素2) アンチエイジング2) 効率的な摂取方法
3) 酸素と活性酸素3) 睡眠と水素3) アレルギー3) 水素製品の種類と特徴
4) 水素エネルギー4) ストレスと水素4) 水素と認知症4) 水素製品の機能と価格
5) 水素の化学5) 炎症と水素5) パーキンソン病5) 水素・酸素混合吸入装置
6) 脳神経細胞と水素6) 膠原病(難病)6) 水素サプリメント
7) 人体の免疫システム7) 水素と癌7) 水素シート
8) 水素の作用機序8) 重病疾患8) ミネラルイオン電子水

※内容は変更となる場合があります。

3段階の資格レベルを設定

水素健康認定資格制度には、水素摂取の経験や普及・啓発活動の実務・実践能力に応じて、 水素健康アドバイザー ⇒ 水素健康インストラクター ⇒ 水素健康マイスターの3段階の資格レベルを設けています。

水素健康認定資格の種類

レベル資格の名称資格認定要件・求められる知識・技能受講資格
水素健康
アドバイザー
水素健康に関する基礎的な知識を有し、一般消費者に対して水素健康に関する相談とアドバイスをすることができる制限なし
水素健康
インストラクター
水素健康に関する実務的な知識を有し、水素サロンやセミナー等で水素健康について講師をすることができる制限なし
水素健康
マイスター
水素サロンの開設並びに水素健康資格認定者の育成と実務を指導することができる水素健康インストラクター及び同等資格保有者で実務経験3年以上

水素健康アドバイザー資格

・資格認定基準

水素健康法に関する基礎的な知識を有し、一般消費者に対して水素健康に関する相談とアドバイスをすることができる。

・資格取得の特典

(1)資格認定証の交付
(2)取次販売制度の利用
(3)水素製品*の割引購入制度の利用(要取次販売登録)
(4)水素関連情報の提供(会報、メールマガジンなど)
(5)協会主催イベントへの優先案内
(6)家庭用簡易血液検査キット(管理医療機器)の割引価格での提供
*水素製品は、「水素・酸素混合気体発生装置」「水素サプリメント」「水素化粧品」「水素シート」「ミネラルイオン電子水」など

「水素健康アドバイザー」養成通信講座概要

受講資格:制限なし
受講期間:3ヶ月(在籍期間6ヶ月)
受講料:21,600円(資格認定試験受験料5,400円を含む)
資格認定試験:在宅通信試験(年4回実施)
資格認定料:5,400円
協会年会費:5,000円(資格認定会員登録)
教材構成:学習ガイド、テキスト3冊、補助教材(DVD1巻) 、添削レポート(2回)
学習プログラム

●受講者 ○事務局

受講期間プログラム内容
1ヶ月目●受講申込み
○テキスト・補助教材、添削レポート2回分送付
●第1回添削レポート提出(提出期限:受講開始4週後)
2ヶ月目○第1回添削レポート採点返送
●第2回添削レポート提出(提出期限:受講開始8週後)
3ヶ月目○第2回添削レポート採点返送 + 資格認定試験問題送付
●資格認定試験解答提出(提出期限:受講開始3ヶ月後)
4ヶ月目

○資格認定試験採点
 ①合格通知 + 資格認定申請案内 送付
 ②不合格通知 + 再受験案内(複数回受験可)

【合格者】
●資格認定申請書提出
●資格認定料 + 協会年会費送金

【不合格者】
○資格認定試験問題送付(再受験)
 *合格後は上記と同

〇資格認定証交付

※上記は一例で、書類等の提出・送付の作業期間により受講期間に変動があります。

お申し込みフォーム

水素健康インストラクター資格

・資格認定基準

水素健康に関する実務的な知識を有し、水素サロンやセミナー等で水素健康について講師をすることができる。

・資格取得の特典

(1)認定講師資格認定証の交付
(2)協会主催イベント・セミナーの認定講師資格の取得
(3)取次・代理店販売制度の利用
(4)水素製品*の割引購入制度の利用(要取次・代理店登録)
(5)水素サロンの開設支援(事業ノウハウの提供など)
(6)水素関連情報の提供(会報、メールマガジンなど)
(7)協会主催イベントへの優先案内
(8)家庭用簡易血液検査キット(管理医療機器)の割引価格での提供
*水素製品は、「水素・酸素混合気体発生装置」「水素サプリメント」「水素化粧品」「水素シート」「ミネラルイオン電子水」など

「水素健康インストラクター」養成通信講座概要

受講資格:制限なし
受講期間:4ヶ月(在籍期間7ヶ月)
受講料:32,400円(資格認定試験受験料5,400円を含む)
資格認定試験:在宅通信試験(年4回実施)
資格認定料:5,400円
協会年会費:5,000円(資格認定会員登録)
教材構成:学習ガイド、テキスト5冊、補助教材(DVD2巻)、添削レポート(3回)
学習プログラム

●受講者 ○事務局

受講期間プログラム内容
1ヶ月目●受講申込み
○テキスト・補助教材、添削レポート3回分送付
●第1回添削レポート提出(提出期限:受講開始4週後)
2ヶ月目○第1回添削レポート採点返送
●第2回添削レポート提出(提出期限:受講開始8週後)
3ヶ月目○第2回添削レポート採点返送
●第3回添削レポート提出(提出期限:受講開始12週後)
4ヶ月目○第3回添削レポート採点返送 + 資格認定試験問題送付
●資格認定試験解答提出(提出期限:受講開始4ヶ月後)
5ヶ月目

○資格認定試験採点
①合格通知 + 資格認定申請案内 送付
②不合格通知 + 再受験案内(複数回受験可)

【合格者】
●資格認定申請書提出
●資格認定料 + 協会年会費送金

【不合格者】
○資格認定試験問題送付(再受験)
*合格後は上記と同

〇資格認定証交付

※上記は一例で、書類等の提出・送付の作業期間により受講期間に変動があります。

お申し込みフォーム

JHHS入会フォーム お問い合わせ